種類が多く機能的だから人気

スケボー

お店に行くとリップスティックの種類がとても多いために、何本も欲しくなる人が多いかもしれません。昔からある商品もありますが、色付きタイプもありますし、高保湿タイプやUVカットなど種類がとても豊富です。パッケージがとてもかわいい商品が多く、1本だけではなくたくさん買いたくなってしまう人がとても多いです。機能面を見ても、一般的なリップスティックではまだまだ乾燥してしまうために、保湿成分がたっぷり入っていないと困ることもあります。香料が刺激となってしまうので無香料を買う人もいれば、リラックス効果を求めて香料が入っている方が良い人もいます。これだけ種類が豊富ですし、唇にもとても優しいので人気が高いことは当たり前かもしれません。

自分が必要な機能を考える

まずは、自分がなぜリップスティックを必要としているのか、どのような機能が必要なのかを考えます。種類が豊富なので、機能面で考えると絞り込みやすくなるので、自分の唇のタイプを分析するところから始めましょう。人それぞれ肌質が違いますが、唇も違いますので誰もがどんなリップスティックを使っても良いわけではありません。みんなが使っているものを使うと唇が荒れてしまうのならば、刺激が弱いタイプが良いでしょう。特に唇が荒れるようなことがないので、とにかく安い方が良い人もいます。だから、人によって選ぶ基準が全然違います。自分にとって必要な機能について考えれば、おのずとどれを選べば良いのかがわかります。

機能を調べてみましょう

それぞれのリップスティックにはいろいろな機能がありますので、どんな機能があるのかを調べてみてください。価格やパッケージも気になりますが、自分がそのリップスティックを使った時に、唇が荒れては困ります。昼間に使いたいということであれば、UVカット機能が付いているタイプを選んだ方が良いかもしれません。冬の乾燥した時期や唇が人一倍乾燥しやすい人であれば、高保湿タイプを使わないと唇が潤わないでしょう。寝る前に使いたいのであれば、UVカット機能が必要ないのでUVカット機能が入っていないことを確かめて使った方が良いかもしれません。UVカット機能が唇に刺激となってしまう可能性もありますので、敏感な唇であればUVカット機能が入っていない方が良いかもしれません。このように自分にとって必要な機能であったり、不要な機能を選ぶ際の基準にすることで、自分にとってピッタリなリップスティックを選ぶことができます。